予防歯科

削って詰めるというサイクルを避ける

「予防歯科」というと、永久歯がはえてきたばかりの子供のための治療、というイメージでしょうか。

実は成人になっても「予防歯科」は大変重要な役割を担います。
具体的には「歯周病の予防」、「むし歯の予防」、「全身疾患への予防」の3つです。

現在日本では歯周病に罹患している成人は約8割と言われています。
歯周病が進行していくと、仮にむし歯もなく健康な歯であっても、ぐらぐらになって最後はなんと抜歯、ということに。
これを予防するためには、歯周病の進行を食い止める、または進行を緩やかなスピードになるようコントロールする必要があります。

続いてむし歯の予防。
すでに詰め物、被せものがしてある歯はもう治療が済んでいるから大丈夫、と思いがちです。
しかし、これが大きな落とし穴で、実はむし歯の再発リスクが生じているのです。
詰め物や被せ物と、ご自分の歯との間には必ず境界線ができます。
ここのケアが不十分だと、またむし歯になってしまうのです。

また、歯周病により変化する歯肉の位置。これにより、歯根と呼ばれる歯の根の面が見えてきます。
この面は通常の歯の表面(エナメル質)に比べて、むし歯の危険度(カリエスリスク)が高く、せっかくご自分の歯が残っていても、首の部分からむし歯になってしまうと木こりが木を切り倒すかのように、歯がぽっきり折れてしまう原因に。

以上のように、定期的な歯のチェックアップ、口腔内細菌の固まり(バイオフィルム)の破壊、歯石除去、といった、歯周病予防とむし歯予防はとても重要です。

最後は全身疾患への予防。
定期的なケアにより健康なお口の環境が維持されることで、歯周病予防・むし歯予防はもちろん、歯周病と関連性が示唆されている糖尿病、心疾患、肺炎、低出生体重児出産等の全身疾患のリスクも減らすことができます。

他にも、入れ歯を使用している患者さんでは、不衛生な入れ歯のままでは、カンジダ症や肺炎を引き起こします。
歯科医院専用の洗浄液と医療機器により汚れをきれいに落とすことで、歯周病予防と同様に、全身疾患の引き金になることを未然に防ぎます。

もちろんお子様の歯の表面に行うむし歯予防のシール(シーラント)も予防歯科のひとつ。
そして、歯の表面をむし歯菌に対して強くし、再石灰化を促すフッ素塗布、むし歯菌を減らし、その活性を弱めてくれるキシリトールプログラムは、お子様からご高齢の方まで、すべての方に効果を発揮します。

メディカルトリートメントモデルを軸に診療を進めていけば、その後のメインテナンスやケアが楽しくなること間違いなしです。
毎日のケアと歯科医院でのサポートで、皆さんで歯科疾患とそれにつながる全身疾患を未然に防ぎましょう。